5月9日よりSクリニックに転院する。そしてまた・・・入院生活とは

2005年09月03日

28年ぶりの入院

ecb642a1.jpg23歳の時、交通事故で、死にそうな事故を経験しましたがそのときは約1週間の入院でした。
車も全損でこれがきっかけで会社も辞めました。
たぶん1ヶ月以上休みました。
営業は自分に向いていないと思い良いきっかけと思い考えなしに3年勤めた会社をやめてしまいました。
今と違い再就職先はたくさんありましたが、経理の専門学校に昼1年通いました。そういうことで幸せなことに28年ぶりの入院となりました。
「ブラッドパッチ」は労災対象外の治療なのでかなりの自己負担がかかります。
とにかく直れば安いものです。
会社と同僚に仕事の手配をして約2週間の入院となりました。
入院日は平成15年7月11日(月)と決まりました。
このO病院の「診断書」は「外傷性低髄液圧症候群・変形性頸椎症により二週間の入院加療を要す」と書かれていました。
7月11日入院し、14日に「ブラッドパッチ」を受けました。
簡単に言うと自分の血で髄液の漏れているところを塞ぐという治療です。
治療はかなり痛いですが短時間に終わります。
だがなれていないので大変緊張しました。
まああたりまえか・・・・注射は子供の時から嫌いですって皆そうか!
健康一番!安心一番!ストレス退散!!とはいえ簡単にことが進む訳もありません。
なんと8人部屋です。大変にぎやかです。
9時消灯です。ひたすら安静に安静に。いろいろな話が聞こえます。保険屋とけんかしている人。借金を断られている人。
いつも奥さんがお見舞いに来る人。妹が面倒を見ている人。それぞれの人生です。

tys0130 at 21:42│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
5月9日よりSクリニックに転院する。そしてまた・・・入院生活とは