28年ぶりの入院退院したけれど・・・また「紹介状」を貰う。

2005年09月03日

入院生活とは

5fc7dc7c.jpg7月11日入院し7月14日「ブラッドパッチ」し18日まで安静とのことでひたすら横になっていました。
何となくからだが楽で気分も明るくなってきました。
19日院長と相談し退院は20日と決まりました。
この病院は中規模病院で一般病床97床、救命医療を中心に地域連携と「インターネットを利用した画像データの共有」を特色としてる。
だが平成16年頃、老人介護を中心に全国展開する組織に組み込まれ院長も4月から現院長に代わっていたのです。
インターネットは事実を我々に教えてくれる。
まあそれが自分の病気やけがとは関わりないのだが・・・・
しかし大部屋の迫力はすごい。プライバシーはない。
携帯もかけ放題。
最初はこんなものかと思っていたのだが東京でも高級住宅地にある病院でさえこの有様である。
病院と先生を選ばないと、難しい病気には対応できないだろう。
交通事故で素人目にも手術が必要と思われる患者でさえ、何らかの事情があるようで転院しないでいる。
まあ私は、院長を頼りに入院しているので関係ないのだが、気になる。
しかしこの病院は確実に変わっていることが感じられる。
とにかく外来などはとても親切なのだ。病棟もしかりである。
教育がはかられているのが見て取れる。
やはり「病院」も「医者」もサービス業なのだ。それも究極の・・・

tys0130 at 22:25│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
28年ぶりの入院退院したけれど・・・また「紹介状」を貰う。