平成17年9月15日現在。on Timeまたまた悪い知らせあり。

2005年09月23日

平成17年9月16日2通の検査結果を受け取る。2

4588d08e.jpg次の日、平成17年9月16日また「KT病院」の脳神経外科へ診察に行きました。
会社は3時に早退しました。2通の検査結果を受け取りました。

1枚目は「脊椎・脊髄」で「変形性腰椎症」です。
腰が痛いので検査入院の最後の日にお願いして撮って貰ったものです。
結果、かなりの部分で椎間板の変形が見られまた骨変性所見も見られる。
軸方向MRIでは全周性狭窄所見が見られる。
と言うことで、過去に椎間板ヘルニアを1年間くらい患ったこともあり
かなり状態は良くないとのことで、頸椎より、腰の方が「手術」したほうが
いいくらいだと言われてしまった。
だが腰はたまに病むくらいで、痛みは深刻ではない。

もう1枚は「頸椎ミエロ後CT」のものだ。「変形性頸椎症」については
頸椎の変性変化が目立ち特にC5およびC6において著明である。
左傍正中型頸椎板ヘルニアを呈している可能性もある。
左側神経根は椎間板膨隆や上下椎体骨棘形成により根部にて腹部から
圧排されている。

**これらは放射線科のコメントである。**
担当医師からは、まあ軽度であるので、ペインクリニック科での治療と
投薬と、なるべく安静を保ち病気とつきあうよう言われる。
次回診察は2ヶ月後くらいか、状態に変化があったらくるようにとのこと。
少し安心した。結果はあまり良くないが予想通り物理的にダメージを
受けているのがはっきりしただけましである。結構、周りに「病は気から・・」
とか人ごとだと思って口にする人がいるので困っていた・・・・


tys0130 at 00:51│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
平成17年9月15日現在。on Timeまたまた悪い知らせあり。