平成17年10月14日(金)から17日(月)までの異変!会社でのいやな出来事

2005年10月23日

1リットルの涙2

a9479bac.jpg「1リットルの涙」というテレビ番組がフジテレビで放送されている。
何気なく見た。
中学3年生の時、突然、脊髄小脳変性症という難病にかかってしまう
木藤亜也という少女の話で実話である。

2005/02/05に映画となったもののテレビ版で、本は120万部のベストセラー
になっている。
基本は14歳から20歳までの46冊もの日記である。
私の見たのは第2話だったようだがフジテレビのホームページで
ストーリーは確認できる。
http://www.fujitv.co.jp/tears/index2.html

すぐ本を買って読んでみたがテレビではかなり脚色されていて
どちらが本当か分からなくなる。多分本が正しいはずだか・・・

映画を見たいと探してみたが、北海道でだけ上映しているようである。
DVDは2006年1月21日発売とのことでずいぶん先である。
映画では主演の大西麻恵さんが実際の主治医に取材し、同じ症例の方の
ビデオを借りて動きや喋り方を研究、養護学校で実習まで行ない
役作りをしたという。

テレビの方は、沢尻エリカさんが初主演で彼女本人は、3人兄妹で、
彼女が高校1年生のとき、2番目のお兄ちゃんが交通事故で
亡くなってしまったそうす。父は彼女が中3のときガンで死んで
しまったそうです。ちなみにお母さんがフランス人だそうです。

「脊髄小脳変性症」は確かに今のところ、この病気を完治できる
治療法や、病気の進行を止める方法は知られていません。

この本の紹介に石原慎太郎氏が「生きることに悩んでいるすべての
人々にこの本を読ませたい。」と紹介しています。

私も、昨年のけがですっかり落ち込んでいますが、彼女の残した「日記」が
生きる自信を持たせてくれつつあります。木藤亜也氏に感謝します。1リットル

tys0130 at 15:21│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
平成17年10月14日(金)から17日(月)までの異変!会社でのいやな出来事