一進一退。現状維持で満足するべきか?「アンメルツ ヨコヨコ」の不思議

2005年11月13日

「脊椎板造影ブロック」をうけました。1

ea4011bd.jpg11月11日(金)「KT病院」で、「脊椎板造影ブロック」をうけました。
同意書にサインしました。
これは頸椎の状態を明らかにするものです。
同時に痛みの治療になります。いつもの先生ともう一人の先生で
レントゲンでモニターして、まず麻酔をしてブロック針を椎間板まで
刺します。造影剤を注入します。つぎに少量の局所麻酔薬とステロイド剤の
混合液を注入し痛みの治療をします。

注入終了後、X写真を6枚程度撮ります。そのあとCT写真をとります。
終了後、一時間半安静にします。

これで1日かかりました。所見は次回に教えてくれます。
いつもの「星状神経節ブロック」とおなじく気分が悪くぐったりしていました。
本日、13日(日)になり、具合が悪いです。説明では70%以上が
楽になるそうです。

まあ今日が休みで良かったです。寒くなってきてそのせいかもしれません。
造影所見でかなり詳しく分かるでしょう。
痛みとつきあうのも大変です。

tys0130 at 21:12│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
一進一退。現状維持で満足するべきか?「アンメルツ ヨコヨコ」の不思議