医療の行方症状固定とは?

2006年05月28日

病院とタクシー2

a690df20.jpg昨日、5月26日(金)は朝から「KT病院」へブロック注射に行った。
この病院では、2004年7月から「送迎バス」が運行している。
紆余曲折があり、「道路交通法」にはばまれ
実現しなかったと言うことである。

>バス停に時刻表があってはならない。
>バス停を作ってはいけない。
>料金を取ってはいけない。
等々制約があるもののついに実現したとのことである。

何年か前に、十条駅の病院にお見舞いに行ったときのことであるが
沢山のタクシーが駅前に並び、たかだかワンメーターばかりの
客待ちをしていたのを思い出す。
運転手さんは、最近客が減ったけどたいていの人が利用するので
まんざらではないという話をしていた。
確かに、街を流して客を捕まえることが難しい時代になった。
営業マンの経費で、「タクシー代」さえ落ちない。

この私が毎週行く病院は、自宅から「自転車」で直接行くことができる。
また、電車を使っても30分程度でいける。
たいそう具合が悪かった頃は、タクシーを利用していた。

もう全然、気力さえないのだから致し方ない。
うれしいことに、近くにこのような病院があって良かったと思った。

いつもブロック注射で、30分程度安静にしてから帰宅するのだが
男性の患者さんが遠いらしいが、「ここへかかって本当に良かった。
ペインクリニック科の存在さえも知らなかった。」と看護師さんに
話していた。
案の定、病院のたらい回しにあっていたようだ。

本当に、「痛み」についての専門医は少ない。
すぐに死に至るわけでもなし、手術するまでもなし、
だが毎日が辛いのだ。

昨日も、何台ものタクシーが病院で客待ちをしていた。
病人も高齢化し、付き添う人も少なく駅まで歩くことさえ
大変である。
この病院の、32年ぶりの「送迎バス」の運行は病院の強い
患者への意志を感じる。
ともに「病気やけが」と向き合う姿がある。
タクシー3



 

tys0130 at 01:44│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
医療の行方症状固定とは?