困ったこと「いやな気分よ、さようなら」

2006年10月27日

くすりのちから3

fe70f5d3.jpg10/25(水)「KT病院」でブロック注射を受けた。
あまり効果が感じられなかった。
そうして26日、仕事に行っていたらたいそう
体が痛く辛かった。
前回「Cクリニック」で鎮痛剤がもらえず
売薬ですませていた。そのためとも
思った。それで夜「Cクリニック」へ行った。

鎮痛剤も最近、「ミオナール」が減らされて
「ロキソニン+セルベックス」の組み合わせで
朝晩2回で処方された。
治ってきただろうと先生は言うわけだ。
患者の言うことを聞かないのだ。
これが前回の「困った」話のわけ。

それから7月から「デパス」を「ソラナックス」に
変えている。そのせいかわからないが体重が
10kgも増えたことを伝えた。
そうすると「デパス」に戻し4回から3回の
服用にするとのこと。

あまり薬を多用するのもいけないが急に減らすのも
いかがなものか・・・

それでとりあえず処方して貰い「薬局」へ行き
薬を手にした。
夜食事をして、薬を飲んでみた。

ふーーーん。「デパス」が作用し体の痛みが
半分に。頭もすっきり目の前が明るくなった
気がする。「ロキソニン」も効いているのか
快調である。星1つが3つになった。
そんな感じであらためて「くすり」の
ありがたみを感じるとともに医師に対する
不満が確実のものとなった。

もう少し患者の意見を聞けばここ1ヶ月くらいの
痛みを伴った生活はなかったかもしれない。
患者はなかなか判断できない。
その辺を感じてほしかった。

ということで「くすり」についてもう少し
慎重かつ丁寧につきあっていこうと思う
昨日であった。

港にて01




tys0130 at 08:51
困ったこと「いやな気分よ、さようなら」