医者と病院と患者ブロック注射60回目

2006年11月29日

行きたい病院 満足した病院3

a8429c3e.jpgすこし古いが「2006/10/8版 読売ウイークリー」に
病院の記事があった。
患者2万人アンケート「行きたい病院 満足した病院」
というタイトルである。
読んでみると病院を「満足スコア」と「憧れ度」にわけて
「満足度」順にランキングしてある。

全く病院に憧れたり、行きたいと思う人はいないと
思うのだがそこは週刊誌である。

によると1位「国立育成医療センター」
2位「聖路加国際」3位「国立がんセンター中央」
4位「癌研有明」5位「NTT東日本関東」とつづき
78位まであげている。
ここが満足とここが不満がせいぜい2行程度
かかれている。

まあ2万人アンケートにしては内容がないように見える。
ページに限りがあるせいもあるかもしれない。
ただ「大学病院」の満足度が低いと述べている。
今や風邪をひいても「大学病院」に行く時代である。
たしかに技術だけではだめで総合的満足度は
違うところにありそうだ。
医療は患者本位の時代に入っているとしている。

ただ私が入院していた100床ほどの病院も
「A会」に買われ5月に廃院となりマンションに
跡地は変わる。
2チャンネルでこの「A会」が取り上げられていて
興味深い。医は算術なりというやからも参入していて
患者の立場では何がなにやらわからないというのが
現状のように思う。
勤務医や看護師の勤務内容は厳しく格別待遇も
昔よりよいとはいえない。
また医療裁判も最近多くアメリカに追従している。

患者も選択肢がありそうでも「病院」「医者」は
ほとんど選べないのが現状のように思う。

さらに都市部はいいが郡部との医療格差は
深刻な社会問題である。
長寿社会は社会全体のありようも変えようと
しているように見える。
風景1129




tys0130 at 14:57
医者と病院と患者ブロック注射60回目