世界1位交代の瞬間錦織、4回戦進出の快挙

2008年08月23日

渡辺淳一「阿寒に果つ」

90b83cd9.jpg1冊の本の紹介をしよう。
渡辺淳一「阿寒に果つ」

私が今でも主人公にあこがれる。
「時任純子」その人に・・・

 渡辺淳一氏の芸術家としての履歴は、この揖に編まれた「阿寒に果つ」や「冬の花火」に描かれた時代を受けた渡辺氏の札幌医科大学の学生時代にはじまる。
 純子にモデルがいたことは周知のことである。加清純子、高校三年生の冬に行方不明になり、その春、阿寒湖畔で死体となって発見された。彼女は渡辺氏の初恋の人であった。


発行は昭和48年11月30日
中央公論社より発行された。


阿寒01


阿寒の絵






















ほうずきと日記
モデルとなった加清純子の中学生の頃の作品。
この画こそ、純子の将来を約束した作品だった。
「ほうずきと日記」は三十三年度北海道展に最年少小者
として入選した。その後東京の展示会にも意欲的に
出展した。






tys0130 at 17:53
世界1位交代の瞬間錦織、4回戦進出の快挙