やっぱりカレーが好き!銀座にも不況の波が・・・

2008年12月20日

友人の死。

c7a80123.jpg今日は、以前から約束していた友人と
銀座で会った。以前の会社の同僚だ。

当時「7人会」という集まりを持っていて
新しいビルができるたびに見学および食事会
を行っていた。会は何年かで解散したが
そのときの友人が今日会った人ともう一人の
友人と私の3人がその後もことあるたびにあっていた。

私はその会社を辞めたのだがつきあいは続いていた。
その仲の良かった友人が12月18日になくなったというのだ。
今日会った友人は社内メールで今日知ったという。

なんと言うことだろう。神様の仕掛けた話のようだ。
その死んだ理由はわからないが、彼は中央大法学部卒の
以前は「タイトー」の上場に関わっていた優秀な人材だった。

彼を、当時の社長が総務部長で呼び寄せたのだ。
そのまま「タイトー」にいれば総務部長へと出世していた
はずだ。学生時代にアルバイトしていて社長と知り合いだったのだ。

保全部という部署で3人は同僚だった。
その後、彼は総務部に、私は営業に、もう一人は業務へと
分散した。かといって相変わらずつきあっていた。

その後総務へ行った彼は部長になり取締役になった。
当時会社は、負の資産があり外資へと売り渡された。

そのとき送り込まれた再建屋の社長と彼は対立していた。
彼は耐えれず会社を辞めた。
それからの彼は精神的なダメージから回復されずにいた。

病院に入院もしていた。仕事に就く状態ではなかった。
もう3年くらい会っていないだろうか?
最後にあったのは、彼の自宅の近くで3人であったときだと思う。

時はいたずらに過ぎてゆく。何人も時をさかのぼれない。
不安定な未来だけがある。

彼とは、もう会うことも話すこともできない。
昨日、私は珍しく一人自宅でなにか「寂しさ」を感じた。

「運命」と言えば簡単に言葉になるが、永遠の命はない。
今年最大の悲しみが今頃知らされるとはなんと言うことだろう!
彼が良い人生であったと今は信じたい。

白い菊01






tys0130 at 01:19
やっぱりカレーが好き!銀座にも不況の波が・・・