Windows7の秘密。近くで見るランエボ10!

2009年10月27日

ハロウィンは10月31日。

4a9fd185.jpgなかなか日本では定着しない「ハロウィン」
菓子メーカーは頑張ってるがだめだね。
なんか仮装してお菓子をもらうあたり
もうひとひねりないとうけないねえ。
カボチャにローソク入れて飾ったり
花屋には食べられない「カボチャ」が売られている。
なんかかわいくないし・・・・

日本での受容
日本では、この行事は、青少年・児童向けの英語教材やアメリカの映画・テレビドラマなどを通じて、アメリカの子供たちの行う行事として知られていた。 映画 E.T. の大ヒットによりハロウィンが再認識され、1990年代以降、首都圏の一部では盛んになった。内容は、子供らがお菓子を請うことや、仮装パレード(子供・大人を問わず)の形式をとることが多かった。なお、専らアットホームで明るいイベントとしての性格が強く、お菓子をもらえなかった子供のいたずらなどは導入されていなかった。また、仮装のモチーフも、魔女や小悪魔など怪奇性のあるものも主流だが、それらとて愛らしさが強調されていた。他、日本の妖怪やアニメキャラ(「機動戦士ガンダム」などのロボットアニメ、「ちびまる子ちゃん」など多くの世代に知られるものの他、その時点で子供(特に低年齢の女児)に人気のあるアニメキャラ)など、日本独自のものも多い(中にはただの仮装パレードと化している地域もあった)。パレードとして国内最大のものはJR川崎駅前の「カワサキ・ハロウィン・パレード」であった。2008年まで行われたこのパレードでは約三千人による仮装パレードで約十万人の人出を数えた(通算12回開催された)

なお、もともとカトリックの祝日に起源を持つハロウィンだが、日本のカトリック教会では11月1日の「諸聖人の日」は祝日としているが、ハロウィンは教会の行事としてはほとんど行われていない。

2009年現在、製菓メーカーがこぞってハロウィン期間限定の菓子を発売するのが流行であり、バレンタインデー、クリスマスに次ぐ「第3の商戦」と呼ばれる。



400px-Kind




tys0130 at 22:02
Windows7の秘密。近くで見るランエボ10!