長友、世界のDFトップ5入り錦織、四大大会初の8強

2012年01月07日

「あそこに蹴ると決めていた」

全国高校サッカー選手権準決勝 市船橋2―1大分
市船・渡辺 狙い通りのFK弾

市船橋が準優勝した04年度大会以来7大会ぶりの決勝進出。2点をリードすると、今大会最多の17得点を誇った大分の反撃を1点に抑えて逃げ切った。

 前半24分、DF渡辺が右足でFKを直接決めて先制点。殊勲の2年生は「最初からあそこに蹴ると決めていたので、入って良かった」と振り返り、「これ以上の舞台はないので、楽しみたい」と9日の決勝への意欲を語った。

 後半11分に貴重な追加点を決めた主将のFW和泉は「自分は1人抜くだけだった」と、カウンターからドリブル突破し、ゴールにつなげたMF池辺に感謝。「監督を胴上げしたい。絶対勝ちます」と優勝を誓っていた。


0107

tys0130 at 19:08
長友、世界のDFトップ5入り錦織、四大大会初の8強