全米オープンで森田あゆみが嬉しい初勝利錦織まさか残留失敗/デ杯

2012年09月11日

マリーが四大大会初V 男子単の英国勢で76年ぶり

テニスの四大大会最終戦、全米オープン最終日は10日、ニューヨークで行われ、男子シングルス決勝はロンドン五輪金メダルで第3シードのアンディ・マリー(英国)が2連覇を狙った第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を7−6、7−5、2−6、3−6、6−2で破り、四大大会初優勝を果たした。同種目で英国勢の四大大会制覇は1936年の全米王者のフレッド・ペリー以来で76年ぶりの快挙。
 5度目の四大大会決勝進出となったA・マリーは全米の決勝で史上最長記録に並ぶ4時間54分の接戦を制し、優勝賞金190万ドル(約1億4820万円)を獲得した。同種目で五輪と全米の連勝は史上初。
 ジョコビッチは1月の全豪オープンに続く四大大会通算6勝目はならなかった。


maray55


tys0130 at 18:49
全米オープンで森田あゆみが嬉しい初勝利錦織まさか残留失敗/デ杯