錦織が初優勝=ツアー通算2勝目Kei Nishikori

2012年10月20日

東海大が出場逃す 大東文化大、日大などが返り咲き

第89回箱根駅伝予選会

第89回東京箱根間往復大学駅伝競走(以下、箱根駅伝/2013年1月2日、3日)の予選会が20日、東京・立川市の国営昭和記念公園を中心に開催され、日本体育大が10時間4分47秒のトップで通過した。2位には帝京大、3位に中央学院大が入った。
 エースの村澤明伸が欠場した東海大は41年目にして連続出場の記録が途切れた。その一方で、大東文化大が3年ぶり、日本大が2年ぶり、法政大が3年ぶりに本戦出場を手にした。

 レースはスタート直後、日大・ベンジャミンが前に出ると、拓大・モゼとトップ争いを繰り広げる。10キロ過ぎにベンジャミンがモゼを離すとその後は独走態勢に。ベンジャミンは57分47秒でトップでゴールした。日本人トップは中央学院大・藤井啓介。レース終盤は拓大・モゼと2位争いをしたが、ラストスパートのかけあいで敗れ3位だった。

 予選会は20キロのレースを走り、各校上位10人の合計タイム順に、まず6校の本戦出場が確定。残り3校は、関東インカレポイント制との併用により選出された。なお、残り一枠は本戦出場を逃した大学から選抜した、関東学連選抜チームとなる。

 予選会の全順位は以下の通り。

1位:日本体育大学(65年連続65回目) 10時間4分47秒
2位:帝京大学(6年連続14回目) 10時間8分5秒
3位:中央学院大学(11年連続14回目) 10時間9分54秒
4位:大東文化大学(3年ぶり44回目) 10時間10分13秒
5位:上武大学(5年連続5回目) 10時間10分42秒
6位:神奈川大学(3年連続44回目) 10時間11分27秒
7位:日本大学(2年ぶり83回目) 10時間8分55秒(関東インカレポイント併用)
8位:法政大学(3年ぶり74回目) 10時間10分37秒(関東インカレポイント併用)
9位:東京農業大学(6年連続68回目) 10時間10分41秒(関東インカレポイント併用)


tys0130 at 23:24
錦織が初優勝=ツアー通算2勝目Kei Nishikori