病院へ行く入院したけど

2013年09月11日

入院する

7月25日北海道に帰ってきました。
インターネットがないのでブログも
書けませんでした。
8月9日迄家でゆっくりしていましたが
症状も良くならず車で2時間の
帯広厚生病院の精神科に行きました。

入院するつもりで準備していきましたので
医者に通うのは無理だから入院させてくれ
と頼みました。

症状が重いのを知り医者の判断で入院と成りました。

ここからは携帯電話に記録した内容を書いていきます。

「8月9日」入院生活始まる。
平成25年8月9日それは始まる。
朝から外来で待たされ15時半から診察開始
1時間ばかりかかった。結果入院と成った。

「8月10日」病院の夜は怖い
ここは「精神科」の閉鎖病棟だ。
夜は21時半消灯だ。
ここから看護師の出番だ。
ナースコールを何度も押して眠れないと
やかましい。ちなみに入院したのは6人部屋
だった。
眠れないのは昼寝をしすぎるからだ。
後は声を出して廊下を徘徊する者。
朝の起床時間まで続きてんてこ舞いだ。特に怖いのは
鍵のかけられた個室からの叫び声だ。
昨日は何度も目が覚めて慣れるまで大変だよ。

「8月11日」「堀江貴文の「刑務所なう」について
「刑務所なう」は堀江貴文さんの獄中で書かれた
メールマガジンを元につくられたものである。
刑務所は3畳1間だから6人部屋とそう替わりがない。
まあ違うのは自由度が全く違うことだ。
そんな中で毎日の食事とかその日あったこととかを
毎日記録するなんて私には出来ない。
最低の環境でも仕事が出来る典型だと思う。

「8月15日」何も変わらない
今日で入院7日となる。
しかし症状はあい変わらず悪い。
レントゲン、血液検査、MRI等々検査したが
悪いところはないらしい。

薬も替えたがいっこうに良くならない。
やはり時間がかかるのか。
焦ってもしょうがない。

「8月16日」小林さんと佐藤さん
同室の二人には悩まされる。
かたや1日50回はナースコールを鳴らすもの。
かたや「痛い」と泣き叫ぶもの。彼は
車いすから落ちて骨折し手術まちで痛いのは
当たり前。どちらも安眠妨害だ。
いやあ6人部屋は大変だ。

とここまで携帯電話に書いた日記だ。
あとは同じ事の繰り返し。病状は
多少改善が見られるものの口腔内の異変は続く。

そうして脳波を取ったり神経内科にかかったり
一通りの検査をして薬も替えて9月9日に
32日間にわたる入院生活と別れを告げた。

昨日10日に引越荷物からパソコン一式を取り出し
今日、ドコモショップでUSBタイプの無線端末を
手に入れこうしてインターネットの世界に復活した。

明日はわからないけど一生懸命頑張るつもりです。





tys0130 at 23:54
病院へ行く入院したけど