バスの押しボタン無影燈 阿寒に果つ

2017年03月24日

「薪」運び

今朝(3月24日)は3時頃に起きてグタグタしていて6時前からは
猫と犬に餌をやり新聞を父親のところに届けそれから「薪小屋」から
居間用と風呂用と2カ所に「薪」を運んだ。

一輪車で2回、だいたい3日に1度程度の仕事だ。

風は春の陽気に変わってもうすぐ4月だ。

病気はあい変わらずで「口腔内」と特に右足と左足のかかとがしびれていたい。

睡眠導入剤を3種類寝る前に飲むので朝早く起きてしまう。

オークションで1円で買った「松山千春 さすらいの青春」を読み終えた。

今日は、渡辺淳一の「無影燈」を読むつもりだ。これも1円で落札して送料のほうが高い
という本だ。

昔々読んだのであらすじはわかるものの細部には記憶にない。

一日、読書とはありがたい話だ。

北海道も仕事が無くて本当に困っている。4月になったらアルバイトを少し真剣に探す予定。


薪運び

tys0130 at 11:09
バスの押しボタン無影燈 阿寒に果つ